豊かなライフプランの実現、生命保険や私的年金の変わりに不動産投資への期待が高まっています。また、金融機関の貸出金利の低さも、あいまって不動産投資をはじめるお客様が増えています。


不動産投資は、
ローリスク・ミドルリターン

全ての投資には、リスクとリターンが存在します。そして、リスクとリターンの正しい理解が大切です。株式投資は、株式を保有している会社の業績により大きな利益を獲得するここともありますが、業績不振になれば評価額は大きく低下します。会社が倒産でもすれば、ほぼ全額回収不能もありえます。国債はリスクが最も少ない安全な資産運用ですが、利益は期待できません。不動産は短期間で、大きな利益を獲得することはありませんが、突然ゼロになる危険性もありません。不動産投資は比較的安全で、利益も期待げきる「ローリスク・ミドルリターン」の運用先として注目が高まっています。

投資先安全性と利益率投資指標
株式投資・FXハイリスク・ハイリターン
不動産投資ローリスク・ミドルリターン
国債や債券ローリスク・ローリターン

インカムゲインとキャピタルゲイン、
2重の収益が期待できる不動産投資

資産を保有する事で得られる利益をインカムゲインといい、不動産投資では、家賃収入にあたります。また、インカムゲインが毎月発生するのも不動産投資の魅力です。資産の譲渡益をキャピタルゲインといい、保有する不動産の評価が売却時にアップすれば、利益を得る事があります。2重の収益が期待できるのも不動産投資の特徴です。

毎月発生するインカムゲイン(家賃収入)
売却時に発生するキャピタルゲイン(売却益)
2重の収益構造で夢を実現する不動産投資

生命保険の代替での
不動産投資が増えています。

投資用ローンでも自宅ローンと同じように『団体信用生命保険』への加入が可能です。団体信用生命保険とはローン残高がまだ残っている状態で死亡か重度障害になってしまった場合、残りのローンは保険で相殺されます。ご自身に万一のことがあったら借り入れの無い収益不動産を家族に残す事ができます。その後も引き続き、賃料収入が継続的に入ってきますので、残されたご家族の暮らしを守る事ができ、生命保険と比較しても安心な資産です。

団体信用生命保険の適応で安心
掛け捨てにならない生命保険の代替
万一の際に家族に残せる安心資産


世界が評価する優良物件の理由、
東京の土地事情

不動産取得における不安要素に、少子化問題や土地需要の頭打ちなどを懸念される方もいらっしゃいます。しかし、世界の土地事情から見て、東京の土地は割安感があり、海外からも人気があります。また、海外進出していた企業の日本国内へのUターン化、地方から東京への一極集中など、東京とその周辺地域での土地の需要は益々拡大していきます。

世界から見て
東京は割安感
海外進出していた企業のUターン化
東京とその周辺の地域土地の需要は拡大